鮮度が命|しらすの賞味期限はどれくらい?

カテゴリー:しらすについて
しらすと言っても加工方法で様々な種類があり、水分をどれだけ含むかによって賞味期限も異なります。

「生しらす」

水分量100%・・・賞味期限は冷蔵で1日(冷凍だと約12か月)
生のしらすは冷蔵保存が利かないので、基本的には水揚げまたは購入当日に食べきることが必須です。
どうしても残ってしまった場合は、醤油に漬けてあげると翌日、翌々日位までは食べられます。
品質が落ちてしまうので、もう1回冷凍はお勧めできません。

おいしい産業の冷凍生しらすはこちら

「釜揚げしらす」

水分量85%・・・冷蔵で約3~5日(冷凍で約12ヶ月)
塩水で釜茹でしてありますので、日持ちします。一般的には冷蔵で3日~5日と言われております。
おいしい産業では解凍日を含めて3日で食べきっていただくようにご案内しております。
解凍したら3日以内に使いきらないとダメなのは仕方ないけど、もったいないという声から、必要な分だけ解凍出来る、パラっとしらすを発売開始いたしました。冷凍庫から出して、パラっとご飯やサラダ、大根おろしの上にかけていただきまた冷凍庫に戻していただければ、冷凍状態のまま賞味期限まで使いきることができます。

ちりめんなど

「しらす干し」
水分量50~60%・・・冷蔵で約5~6日(冷凍で約6ヶ月)

「ちりめんじゃこ」
水分量25~35%・・・常温で半年(冷蔵で約1年)

「たたみいわし」
水分量は15%以下・・・常温で約1年
※しらす干しとちりめんじゃこの大きな違いは乾燥度(水分量)の違いです。地方によっても呼び方が異なります。

しらすの賞味期限の大切さ

先述の通り生しらすは一番注意が必要です。
生のしらすは賞味期限が短く、水揚げまたは購入後1日ほどしか日持ちがしません。
よく「2~3日なら大丈夫だろう」という消費者さんのお声を耳にしますが、しらすはその体がほぼ水分のため冷蔵保存が効きにくく、必ず表示された賞味期限を守って食べなければ、食あたりの原因になってしまいます。
また臭いも増してきますので、お早めにお召し上がりください。釜揚げやしらす干しも同じく、水分が多く含まれれば含まれるほど鮮度の劣化が早くなるので、賞味期限をきちんと守ることが大切です。

賞味期限内かどうかを確かめる方法

とはいっても、「冷蔵庫に入れっぱなしで忘れてた!」なんてこともあるでしょうし、「たった1日賞味期限が過ぎたくらい大丈夫では?」と思ってしまいますよね。そんな時、まだ食べられるかどうか新鮮なしらすを見分ける3つの方法があります。

1.臭み
匂いを嗅いで生臭さはないか?
(新鮮なしらすは臭みがありません)

2.色
体の色が黄色がかっていたり形が崩れていないか?
(新鮮なしらすは色が白くすっきりとしていて体に張りがあります)

3.水気
しらす全体から水分が出てべちゃっとしていないか?
(新鮮なしらすは水々しくピチピチしています)

上記が少しでも確認できたら、傷みが進んでいるか食べ頃が過ぎている証拠です。また、見た目に明らかな異常が見られなくても、お年寄りの食事や離乳食に使用するのはなるべく避けるようにしましょう。

もし賞味期限が切れてしまったら

しらすは足が早いことで有名です。少しでも大丈夫かな?と疑問を感じた物は必ず加熱して召し上がってください。

もし、賞味期限が切れているけどまだ食べられそうだと判断した場合は、せっかくのしらすを無駄にしないよう、ふりかけにしてみてはいかがでしょう?以下にレシピをご紹介します。

「しらすふりかけ」

【材料】
・釜揚げしらす 50g
・ごま油 小さじ1
・みりん 小さじ1
・酒 小さじ1
・醤油 小さじ1
・ごま 小さじ1
【作り方】
(1)フライパンにごま油を熱し、しらすを入れて弱火でゆっくり炒める
(2)ある程度炒まってきたところで、みりん、酒、醤油を加え、カリカリになるまでさらに炒める
(3)水分がなくなり、香りがついてきたら出来上がり粗熱が取れたら蓋付きの瓶に入れて冷蔵保存し、1週間ほどを目安にお召し上がりください。

ごま油とカリカリに炒めたしらすの香ばしさでご飯がすすみますよ!
大根菜や生姜を入れてもおいしいです。

しらすを美味しく保存する方法

しらすは大変デリケートな食材で、ものの数十分で鮮度が落ちると言われています。購入後はすぐに冷蔵庫へ入れ、調理に使う分以外は小分けにして冷凍保存しておきましょう。

すでに冷凍して販売されているしらすを購入した時は、すぐにご家庭の冷凍庫へ。食べる時は流水して解凍すると、獲れたての味わいをそのまま頂くことができます。

一度解凍した後は必ず食べきるか、食べ切れずに再度冷凍保存したものは必ず加熱して召し上がってください。
玉子焼き、お好み焼きなど和風アレンジはもちろん、パスタやキッシュ、ピザなどしらすはひと工夫でいろんなメニューに使うことができます。

賞味期限を確認し、上手に保存して美味しく頂きましょう。

釜揚げやしらす干しを冷蔵で保存する際は、ザルなどに敷いて保存すると鮮度が持続します。もし冷蔵庫内の匂いが気になる場合は、ジップロックに平たく入れて口を少し開けておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?しらすの美味しさは、その鮮度の良さがあってこそなんですね。
栄養価が高く希少な駿河湾のしらす。今まで「ちょっとくらい過ぎても大丈夫」と思っていた人も、しらすの美味しさをきちんと味わうために、今一度、賞味期限の大切さを確認してみてくださいね。

おいしい産業のしらす

おいしい産業のしらすは水揚げされてすぐのしらすを、漁港から車で5分の好立地で加工した商品です。
良かったらご覧になってください。