一生に一度は飲んでおきたい静岡の名酒『臥龍梅』のオススメ教えます!

カテゴリー:お酒について
富士山の麓、豊かな自然に恵まれた静岡県の名産品は海の食材だけでなく日本酒も外せません。その中でも今一目置かれているのが『臥龍梅』というお酒。日本酒愛好家も唸る隠された静岡の名酒を詳しくご紹介します。

『臥龍梅』とは?

歴史ある蔵元で作られる奥深い味わい

元禄年間から300年以上も酒造りを営む老舗・静岡県清水区の三和酒造が誇る『臥龍梅』は、三保の松原を望む清見寺に咲く徳川家康公お手植えの古木「臥龍梅」と同じく、力強く天にも昇る美酒となるよう命名された地元自慢の日本酒です。

そのお手前は、全国新酒鑑評会で5回も金賞を受賞するほどで、精魂が込もる丁寧な製法で作られた奥深い味わいからは、日本酒に対する蔵元の熱い想いが伝わってくるようです。

こだわりの原材料と製造方法から生まれる美味しさ

『臥龍梅』の美味しさの源はもちろんお水。鮎が捕れることでも有名な静岡市の興津川へと注ぐ清らかな湧水を、日本全国の様々なお米とブレンドさせて作られます。しかも、たった600kgという小さなタンクで行われる製造方法は、すべて大吟醸酒の工程と同じというから頭が下がります。

精米歩合が美味しさの鍵

日本酒の味を決めるお米は、粒の中心に旨みがぎっしり詰まっています。日本酒造りでは、この中心部を使用することで旨味と質の高いお酒を作ることができます。これを「精米歩合」と言い、数字で表すことで種類の違いや美味しさを把握することができます。例えば、純米吟醸酒の精米歩合は60%以下、大吟醸酒は50%以下と、精米歩合が小さければ小さいほど旨みや香りが高くなるんです。いろんな種類のお米で作られる『臥龍梅』は、この精米歩合によってそれぞれに異なる風味と味わいを作り出しています。

『臥龍梅』オススメ商品

ここでは、値段がお手頃な順に『臥龍梅』のオススメ商品を5つチョイスしてみました。精米歩合を参考にしてみると、日本酒選びも楽しくなりますよ。

臥龍梅「純米吟醸 無濾過生貯原酒・誉富士」

静岡県が新たに開発した山田錦の改良品種「誉富士(ほまれふじ)」から作られた、マイルドでスムーズな味わいの日本酒。製造工程で濾過や火入れなどの手を加えていない、日本酒の味が生きているフレッシュな原酒です。そのデリケートな味は、白ワインを思わせるほどフルーティで飲みやすく、女性からも親しまれています。

● 価格(税込) 1,458円(720ml)
● 精米歩合 55%
● アルコール度数 16~17%

臥龍梅「純米吟醸 生貯蔵原酒・超辛口」

日本酒度+8と文字通り超辛口の一本。臥龍梅ならではの芳醇な味わいが、単なる辛口の日本酒にとどまらずスッキリとインパクトある味わいを作り出しています。キンと冷やしていただくのがオススメです。

● 価格(税込) 1,458円(720ml)
● 精米歩合 55%
● アルコール度数 17~18

臥龍梅「純米吟醸 にごり生原酒・五百万石」

富山県産のお米「五百万石」を使ったスパークリングタイプのにごり酒。『臥龍梅』独特のもろみの旨さが堪能できる一品です。キリッとした清涼感はイベントやパーティに持ってこい。よ~く冷やして頂きましょう。

● 価格(税込) 1,620円(720ml)
● 精米歩合 55%
● アルコール度数 15~16%

臥龍梅「純米大吟醸 無濾過生貯原酒・備前雄町」

岡山県産「備前雄町」独特の味と香りが際立つ人気商品です。上品な香りにすっきりとした味わいが特徴。冷やしても美味しいですが、舌に味が馴染む常温もオススメです。「山田錦」や「五百万石」と飲み比べてみるのも面白いですね。

● 価格(税込) 1,998円(720ml)
● 精米歩合 50%
● アルコール度数 16~17%

臥龍梅「純米大吟醸 無濾過生貯原酒・山田錦」

兵庫県産の山田錦を35%まで磨き上げた贅沢品。味の豊かさ、なめらかさ、切れの良さすべてにバランスが取れた『臥龍梅』きってのトップランナーです。

● 価格(税込) 3,780円(720ml)
● 精米歩合 35%
● アルコール度数 16~17%

通販で買うならコレ!蔵元も一押しの3本

種類豊富な『臥龍梅』シリーズですが、わずかな専門店でしか扱っていないため通販購入が便利です。その中でも以下の3本は蔵元も一押しするオススメ品。新しいタイプの静岡吟醸をじっくり堪能してみてください。

臥龍梅「純米吟醸・秋あがり」

蔵の奥でそっと秋を待ち焦がれていた旨味たっぷりの『臥龍梅』を、立秋に合わせて出荷した季節限定品です。ふくよかな香りと強くしっかりとした味は、食材が美味しくなる秋の夜長にぴったりです。

● 価格(税込) 1,404円(720ml)
● 精米歩合 60%
● アルコール度数 15~16%

臥龍梅「純米大吟醸 無濾過生貯原酒・開壜十里香(かいびんじゅうりにかおる)」

希少品種として知られる兵庫県産の「愛山」で作られたオススメの大吟醸酒。口に含むと舌の先から奥にかけてふわっと吟醸の香りが漂います。お求めやすいリーズナブルなお値段が魅力的です。

● 価格(税込) 2,808円(720ml)
● 精米歩合 45%
● アルコール度数 16~17%

臥龍梅「純米大吟醸 生貯原酒・袋吊斗壜囲い(ふくろつりとびんかこい)」

精米歩合35%で仕上げた兵庫県産山田錦の純米大吟醸酒を丁寧に袋吊りにし、特殊な瓶に貯蔵する「斗壜囲い」という製法で作られた貴重なお酒です。手に入りにくいため、吟醸酒の中でもスーパースター的存在。贈り物にはもちろん、自分へのご褒美として奮発したくなるほどしっかりとした本物の味わいです。

● 価格(税込) 5,400円(720ml)
● 精米歩合 35%
● アルコール度数 17~18%%

※ 以上の商品は、『臥龍梅』通販サイトまたは「おいしい産業」で購入することができます。

まとめ

静岡自慢の美味しいお水と日本全国の様々なお米で個性的な味を作り出す『臥龍梅』。「滅多に巡り会えない味」と、日本酒ファンをも唸らせるほど隠された人気を持っています。ここでご紹介したオススメの商品を参考に、ぜひ一度味わってみてはいかがですか?