桜えびの釜揚げを自宅で作るときのポイントとオススメレシピ!

カテゴリー:桜えびのレシピ

桜えびといえば、獲れたて新鮮な生桜えびを使って作るかきあげや軍艦巻きなどの絶品料理や富士山をバックに桜えびの素干しを作る春を告げる美しい光景を思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、やはり桜えびといえば、新鮮な桜えびをシンプルにさっと釜茹でしただけの「釜揚げ」が1番ですよね。
日本で唯一桜えびの漁獲が行われている静岡県駿河湾では、生桜えびのかきあげや伝統的な漁師飯「沖あがり」などで食べているのですが、なかでも釜揚げにした桜えびにわさび醤油をかけて食べるのが定番となっており、桜えびが旬を迎えると地元の方々は静岡県を代表する地酒「臥龍梅」や「英君」を飲みながら、桜えびの釜揚げを食べるのが定番となっています。
「是非とも桜えびの釜揚げを食べてみたい!」と思われた方もたくさんいると思いますが、実は桜えびの釜揚げは全国に流通する際、生の桜えびを冷凍した状態もしくは桜えびを天日乾燥させた干し桜えびに加工されてから流通しているため、地元の方々が食べている本来の釜揚げを食べることは出来ないのです。
そこで、今回は桜えびの釜揚げの魅力や誰でも簡単に自宅で生の桜えびを使って釜揚げを作る方法とそのポイント、そして手作りの釜揚げをさらにおいしく食べるためのオススメのアレンジ術をご紹介します。

桜えびの釜揚げの魅力とは?

釜揚げとは、塩分を含む熱湯が入った大きな鍋や釜に獲れたて新鮮な生桜えびを入れて茹でる加工方法のことです。とてもシンプルな加工方法のため、桜えびの釜揚げを製造販売しているお店では、湯温、塩分濃度、茹で時間、火加減、加工後の冷却方法などにこだわり、それぞれのお店の個性を演出しています。

おいしい産業で販売させて頂いている商品の加工風景

例えば、静岡県清水区にある株式会社ヤママルでは、桜えびの釜揚げを作る際、焼津から取り寄せた駿河湾の海洋深層水と真水を独自にブレンドした水を湯温が徹底管理された釜のなかで茹でているため、桜色の美しい色合いと柔らかな食べ心地が魅力となっており、同区蒲原にある有限会社 友和丸では、鮮度の良い生桜えびをおよそ1時間以内に加工工場まで運んで約100℃の釜のなかで塩茹でし、マイナス30℃で急速冷凍しているため、柔らかな食感とほんのりとした桜えびの甘みを楽しむことができます。

お店に負けない絶品桜えびの釜揚げレシピ!

桜えびの釜揚げはとてもシンプルな食べ物ですので、それぞれの製造販売店ではプロによって吟味された素材や独自の加工方法を用いて個性を際立たせています。
しかし、一般家庭では企業のように駿河湾の海洋深層水と真水をブレンドしたり、マイナス30℃で急速冷凍するといったことはできませんよね。
「じゃあ、お店のようなおいしい桜えびの釜揚げは自宅で作ることはできないの?」と思われた方も多いと思いますが、実は自宅でも作り方のポイントさえ知っていれば、誰でもおいしい桜えびの釜揚げを作ることができるのです。では、その作り方を特別にご紹介しましょう。

【桜えびの釜揚げレシピ】

挿絵①_桜えびの釜揚げを自宅で作るときのポイントとオススメレシピ!

材料 (1人前)
・生桜えび:適量
作り方
① 食べたい分の生桜えびを用意します。
② 鍋に水を入れて火にかけます。
③ 水の沸点は100℃ですので、ゆっくりと煮立つのを待ちましょう。
④ 水が煮立ったら、生桜えびをサッと湯上げて完成です。
おいしく作るポイント
デリケートな桜えびの旨味を逃さないために茹でる前に
・酢洗いする
・酒を振りかける
・レモン汁をかける
・塩水で洗う
などの下準備を行っておくとお店に負けない絶品の桜えびの釜揚げを作ることができます。

挿絵②_桜えびの釜揚げを自宅で作るときのポイントとオススメレシピ!

桜えびの釜揚げがさらにおいしくなるオススメのアレンジ術

桜えびの水揚げ量日本一を誇る静岡県の由比漁では、釜揚げされた桜えびを食べる際、既にほんのりと優しい塩味が付いているので味付けをせずにそのまま食べたり、わさび醤油や生姜醤油、ポン酢などをちょろっとかけて食べるのが定番となっています。
ですが、桜えびの釜揚げの淡い桜色の美しい容姿とふんわりと薫るみずみずしい潮の香り、くちに入れたときに広がる自然な旨味や甘味は、サラダやパスタ、炊き込みご飯に玉子焼き、雑炊、ピザなど和洋折衷様々な料理の彩りや素材としても大活躍すること間違いなしです。
生桜えびを100℃の熱湯でサッと煮上げた釜揚げは、生の桜えびにコクを付けたような「半生」状態ですので、
・自然の旨味やコクを感じる絶品えび料理を作ってみたい方
・もう少し料理に彩りやアクセントが欲しいなと思った方
・季節を感じられるお花見弁当や行楽弁当を作りたい方
この機会に桜えびの釜揚げをたっぷり使ったアレンジ料理に挑戦して、家族や恋人、お友だちを「あっ!」と驚かせてみませんか。

まとめ

  • 桜えびの釜揚げを作るときは必ず生桜えびを使う。
  • 桜えびのデリケートな風味を逃さないように酢洗いや酒を振りかけるなどの下準備を行う。
  • 湯温やお湯の塩分濃度、茹で時間などによって桜えびの釜揚げの風味が大きく異なる。
  • 和洋折衷様々な料理の彩りや素材として活用できる万能食材!

自宅で簡単に桜えびの釜揚げを作る方法とおいしく仕上げるポイントについてご紹介させて頂きましたが、なかには生の桜えびを購入するのが難しい方や本当においしい桜えびの釜揚げを作ることができるのかと不安に思っている方も大勢おられると思います。おいしい産業株式会社では駿河湾で獲れた新鮮な桜えびをその日のうちにマイナス40℃で1尾1尾丁寧に急速冷凍したこだわりの逸品「ふわふわ桜えび (釜揚げ冷凍)」を販売しておりますので、もっと手軽においしい桜えびの釜揚げを食べたい方や桜えびの釜揚げをおいしく作ることができるのかと心配な方は、お取り寄せ注文されるのもオススメです。
ただし、1度解凍した桜えびは品質が落ちてしまうため、再冷凍せずに食べ切るようにしましょう。