『ビール大国』静岡県の絶品地ビールには、やっぱり桜えびのおつまみがオススメ!

カテゴリー:桜えびについてお酒について

静岡県の特産品といえば、お茶やわさび、うなぎなどが頭にパッと浮かぶ方も多いと思いますが、実は日本でも有数の酒造大国としても有名なのです。
現在静岡県内には、およそ30もの酒蔵と9のビール醸造所、1つのワイナリーがあり、ゴールデンウィークや夏休みなどの大型連休にもなると、全国各地からお酒好きの方々が大勢やってきます。
なかでも20年ほど前に一大旋風を巻き起こした「地ビール」は、粗製乱造の結果、消費者から信頼を失って歴史の影へと消えていったのですが、静岡県の地ビール醸造所だけは、手間暇を惜しまぬ丁寧な造りと選び抜かれたこだわりの原材料を使って地ビールを造っていたため、とても辛く厳しいビール氷河期を生き抜くことができたと言われています。
そんな高品質な地ビールを醸造している『ビール大国』静岡県には、ビールと相性の良い天然のとらふぐやうなぎ、伊勢海老などの魚介類が獲れるため、全国各地から多くのビール愛好家たちが集まってくるのですが、なかでも日本で唯一漁業の営業許可が認められている駿河湾で獲れる「桜えび」が旬を迎える春と秋になると、海外からも桜えびと地ビールのマリアージュを楽しみに、大勢の観光客がやってきます。
では、桜えびと相性抜群な静岡県の地ビールの種類と自宅でも簡単に作れる桜えびのおつまみをご紹介します。

桜えびと相性抜群な静岡県の地ビールをご紹介!

業務用サクラエビ挿絵①_『ビール大国』静岡県の絶品地ビールには、やっぱり桜えびのおつまみがオススメ!

静岡県内にはおよそ9ものビール醸造所があるのですが、そのなかでも特に人気の高い醸造所が、
・ベアードビール
・御殿場高原ビール
・反射炉ビア
・オラッチェビールになります。

ベアードビール

静岡県伊豆市大平にある「ベアードブルービール」は、ベアード・ブライアン、さゆり夫妻が設立した地ビール醸造所です。“ビールを祝福する”をコンセプトに個性ある高品質なビールを製造しており、定番ビールだけではなく、季節限定ビールへの注目度も高く、幅広い世代から愛されています。
「ウィートキングエール」や「沼津ラガー」、「スルガベイ インペリアルIPA」などビールの種類の多さにも驚きですが、個性溢れるラベルデザインも魅力となっており、ボトルをコレクションされている方も大勢います。
ベアードビール

御殿場高原ビール

静岡県御殿場市神山にある「御殿場高原ビール」では、富士山の清らかな伏流水を使って、あまらぬように新鮮なビールをいつでも提供できるように緻密な仕込みスケジュールを立てて醸造しているため、いつでも造りたての地ビールを味わうことができるとビール愛好家のあいだで有名です。
「ビスル」や「シュバルツ」といった地ビールもオススメですが、最もオススメしたい地ビールは「御殿場コシヒカリラガー」です。このビールは、富士山の伏流水で育った御殿場コシヒカリを使って仕込まれたお米の風味とスッキリとした口当たりが魅力的なプレミアムビールです。とっても珍しいお米のビールですので、優しい甘味が魅力的な桜えびのおつまみとも相性抜群です!
御殿場高原ビール

反射炉ビア

静岡県伊豆の国市にある「反射炉ビア」は、2016年7月に「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録された韮山反射炉すぐ横にあるマイクロブルワリーです。
反射炉ビアでは、強い活性を持つ酵母を使用して醸造を行なっているため、雑味の無いキレイなビールの味を堪能することができます。
また、反射炉ビアでは伊豆ゆかりの偉人や文化、歴史を素材とした地ビールが話題となっており、なかでも「大吟醸政子」は、吟醸大国として知られる静岡県ならではの大吟醸酵母を用いて醸したビールであり、メロンやバナナを思わせるフルーティーな香りがとても印象的です。
桜えびの優しくみずみずしい甘味が魅力的な釜揚げをおつまみに1杯飲みたい地ビールと言えるでしょう。
反射炉ビア

オラッチェビール

静岡県田方郡函南町にある「酪農王国株式会社」にて醸造されているオラッチェビールは、地元の農家さんが手間暇かけて作った有機栽培麦とオラッチェ牧場内の地下300mの深井戸から汲み上げた富士箱根の天然水を用いて醸造された身体に優しいビールです。
2000年12月に発売された「風の谷のビール (ピルスナー)」は、日本初の有機農産加工品として「アファス認証センター」の認証を取得した酒類であり、ピルスナー発祥の地であるチェコ共和国からその優れた醸造技術を学び、ボヘミアンスタイルに仕上がっています。
栄養満点な桜えびをおつまみに晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか。
オラッチェビール

他にも女性を中心にラベルが可愛いと人気を集める「天神蔵麦酒」やヨーロッパの原材料を用いて醸造されている話題のクラフトビール「伊豆の地ビール」なども静岡県の地ビールブームを支えている話題のビールですので、この機会に静岡県の地ビールを飲み比べ、あなたの嗜好に合うお酒を見つけてはいかがでしょう。

自宅で簡単に作れる桜えびのおつまみをご紹介!

業務用サクラエビ挿絵②_『ビール大国』静岡県の絶品地ビールには、やっぱり桜えびのおつまみがオススメ!

1年に2回、春と秋に旬を迎える静岡県が誇る自慢の逸品「桜えび」は、日本酒との相性も良いのですが、キンキンに冷えたビールとの相性も抜群です。
特に桜えびの水揚げ量日本一を誇る由比漁港には、古くから伝わる伝統的な漁師料理「沖あがり」と呼ばれる生桜えびを使ったお酒のおともにピッタリな豆腐料理があるのですが、誰でも簡単に作ることができることから、最近ではビールのおつまみとして主婦のあいだで人気を集めています。
しかし、桜えびはとても痛むのが早いため、遠方に住む方々のあいだでは、豆腐の上に納豆を乗せて、素干し桜えびと万能ねぎ、白ごまをトッピングした冷奴をおつまみとしてだしているそうです。ところで、ビールといえば、お花見やバーベキューといった屋外で飲むことの多いお酒ですよね。
そんなときは、桜えびに新玉ねぎや春菊、菜の花などの旬の食材を加えてカラッと揚げたかきあげや豆腐を使ってカロリーを抑えた桜えびとしらすのピザをお花見や行楽弁当に入れたり、静岡県を代表するB級グルメ富士宮焼きそばに素干し桜えびをトッピングしてバーベキューを盛り上げるのがオススメです。

まとめ

  • 『ビール大国』で知られる静岡県の地ビールは地元食材との相性抜群!
  • 地ビールのおともには地元食材「桜えび」を使ったおつまみがオススメ!
  • シーンに合わせておつまみを用意すると楽しいお酒が飲める

今まで静岡県といえば、お茶やわさび、うなぎといった印象を持たれていた方も多いと思いますが、豊かな自然によって育まれた清らかな水と高品質なお米や麦によって、高品質なビールを醸造することができる地でもありますので、これを機に静岡県が誇る特産品「桜えび」をおつまみに、絶品地ビールを飲んでみてはいかがでしょうか。